「いのちをいただく」講演会

127

6月4日(火)絵本「いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日」の原案者坂本義喜さんが熊本県より来園し、こども達や保護者の皆さんの前で講演をしていただきました。

坂本さんのお話が、とても楽しく興味深かったため、時間があっという間に過ぎてしまいました。

真剣にお話を聞いていたこども達から坂本さんに質問したり、保護者の方からの「残食が多い状況をどう思いますか?」などの質問にも答えていただきました。

お肉・魚だけでなく、野菜など食べ物には全て命が宿っていることを知ることで、食べることがとでも貴重なことなんだ!と知ることが残食をなくすことにつながる。まずはそこを知ってもらいたい!

と教えていただきました。

これから今回の講演を忘れないようこども達と【食べる(いただく)】について考えていきたいと思います。

坂本さん 貴重なお話ありがとうございました。