作品展

145

10月16日(土)、17日(日)「なぜ?なに?から生まれたもの」をテーマに作品展が行われました。

会場には子ども達の感じたものを表現した素敵な作品がいっぱいでしたね(*^-^*)

今回はクイズにも挑戦しながら作品を見て頂きました!

ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

ちゅうりっぷ組、くるみハウスのお友だちは季節の遊びで触れたものを色々な素材で

表現しました。たくさん遊んで大好きなものがたくさん増えましたね

明日は何をして遊ぼうかな?

生き物が大好きなすみれ組のお友だち。カエルの卵やカタツムリを育てているうちに

色々な疑問が浮かんできました。みんなの楽しいおしゃべりが聞こえてきそうな作品ばかり!

お部屋ではカエルもカタツムリもまだまだ飼育中です。

さくら組のお友だちは今年たくさんのお花や野菜を育てました。小さな葉がひょっこりと顔を出し

少しずつ伸びていく様子をワクワクしながら観察し、そこから色々な事に探求心が湧いてきました。

光、影、太陽、自然ってすごい!

ひまわり組のお友だちは大好きな幼稚園を生活資材を使って表現しました。お友だちと一緒に体験した

楽しい思い出が星空のようにいつまでも心に残りますように(*^-^*)

「思い出かるた」にはそんな思いが詰まっていましたね!

長者小学校の先生方にもお越し頂き、作品を参観して頂きました。

園生活の様子もお伝えし、小学校との連携にも取り組んでいます。

子ども達の健やかな成長を願う日々。本日は有難うございました。